2015年9月27日~29日、新潟日報メディアシップ 日報ホールで開催された、第43回構造活性相関シンポジウムにおいて、Cresset社と共同でポスター発表しました


発表内容


Analysing selectivity through multi-dimensional activity cliff analysis
Rae Lawrence1, ○Marina Takahashi2, Sumie Tajima2, Tim Cheeseright1, Mark Mackey1, Martin Slater1(1.Cresset, 2.HULINKS Inc.)

http://www.nupals.ac.jp/~sar_symp2015/


※この記事の内容は執筆者の個人的見解で、ヒューリンクスによる公式情報ではありません。[免責事項]

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://blog.hulinks.co.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/515
内容に対しての関連性がみられないものは削除する場合があります

コメントの投稿

Emailアドレスは表示されません。は必須項目です。
ヒューリンクス取り扱い製品の内容や購入に関するお問い合わせはヒューリンクスサイト連絡先へお願いいたします。投稿前にその他の注意事項もご覧ください。

HULINKS サイトの新着情報