少々前のことになりますが、改めて思い出したので、遅ればせながら書くことにしました。

Wolfram SystemModeler は Modelica ベースのモデル開発ツールですが、この Modelica の標準化団体である Modelica Association の Newsletter (下記)に Wolfram Research の名前が出ていました。

https://www.modelica.org/publications/newsletters/2013-2
MSL3.2.1.png
Modelica Standard Library という、Modelica ツールの標準ライブラリがあるのですが、この新バージョン 3.2.1 からツールに表示されるアイコンが変わります。従来は少々古風な(古めかしい)アイコンが使われてきたのですが、このバージョンのライブラリからは次のような、モダンなデザインになります。

これは Wolfram Research がデザインしたものだそうです。
標準のライブラリですので、SystemModeler に限らず、多くの商用のもの、フリーのもので見かけることになると思います。

現バージョンの SystemModeler 3 では、Modelica のサポートバージョンが1つ前のものになっているのでアイコンも古いものですが、次期バージョンでは Modelica バージョンが新しいものになりますので、この新しいアイコンが実装されることになるでしょう。

また、ニュースレターによると、この Modelica Standard Library 3.2.1 では、60のモデルやブロック、90のファンクションが追加されているようです。

その他、SystemModeler のことは、次のバージョンが出た時に書くことにしましょう。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

...とこれではあまりに短いのでもう少し他の話をしたいと思います。

Modelica Association の Web でフリーのライブラリが公開されています。

https://www.modelica.org/libraries

このうち「Modelica_DeviceDrivers」と「Modelica_Synchronous」のライブラリですが、SystemModeler 3 では依存性の問題があり、うまく読み込めませんでした。しかし、Modelica の最新バージョン対応となる次のバージョンでは読み込めるようになると思われますので、ますます活用の場が広がるでしょう。

Modelica_DeviceDrivers ライブラリ

https://github.com/modelica/Modelica_DeviceDrivers
※このライブラリの実行にはModelica_Synchronousライブラリが必要です。

modelica_driver.png

Modelica_Synchronous ライブラリ

https://github.com/modelica/Modelica_Synchronous


※この記事の内容は執筆者の個人的見解で、ヒューリンクスによる公式情報ではありません。[免責事項]

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://blog.hulinks.co.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/510
内容に対しての関連性がみられないものは削除する場合があります

コメントの投稿

Emailアドレスは表示されません。は必須項目です。
ヒューリンクス取り扱い製品の内容や購入に関するお問い合わせはヒューリンクスサイト連絡先へお願いいたします。投稿前にその他の注意事項もご覧ください。

HULINKS サイトの新着情報