マーケティング部 若林です

NVivoを使って質的データ解析をすすめるにあたり参考にできる論文が先月に発表されましたので、ご紹介しましょう。

Sinkovics, Rudolf R. and Eva A. Alfoldi (2012), "Facilitating the interaction between
theory and data in qualitative research using CAQDAS," in Qualitative
organizational research: Core methods and current challenges, Gillian Symon and
Catherine Cassell (Eds.). London: Sage Publications, 109-131. available:

http://www.manchester.ac.uk/escholar/uk-ac-man-scw:159596

"CAQDAS (カクダスと読みます)"、弊社のNVivoセミナーを受講された方はこの言葉はすでにご存じですね。この論文では、CAQDASの質的研究での位置づけ、データとの関連付けに関する手法の一例(Progressive Focusing)、などを、NVivoを想定して書かれています。全体で24ページ、本文は16ページ程度で、入門書のような内容ですので、是非一度、目を通されることをお勧めします。

※この記事の内容は執筆者の個人的見解で、ヒューリンクスによる公式情報ではありません。[免責事項]

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://blog.hulinks.co.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/498
内容に対しての関連性がみられないものは削除する場合があります

コメントの投稿

Emailアドレスは表示されません。は必須項目です。
ヒューリンクス取り扱い製品の内容や購入に関するお問い合わせはヒューリンクスサイト連絡先へお願いいたします。投稿前にその他の注意事項もご覧ください。

HULINKS サイトの新着情報