2012年3月アーカイブ

グラフソフトには、グラフを簡単に、美しく描くだけでなく、同じデザインのグラフを描くための機能が、必ずといっていいほど搭載されています。グラフソフトによって、この機能は、レイアウト機能や、テンプレート機能と呼ばれています。もちろん、IGOR Pro にもありますよ。

マーケティング部からGeochemist(ジオケミスト)の皆様に伺いたいことがあります

The Geochemist's Workbench の開発元の Aqueous 社と日本において The Geochemist's Workbench のハンズオンワークショップができないかを検討しています。講師はAqueous 社のGeochemist (おそらく2名、うち1名は製品に添付されている「Geochemical and Biogeochemical Reaction Modeling」の著者、Craig M. Bethke 氏を予定)です。ここで問題は参加予定人数が少ないと、開催が困難になるため、ある程度の参加者を見積もらなければなりません。

そこで、現在、The Geochemist's Workbenchをお持ちの皆様、あるいはこれから購入を検討されている皆様にお伺いしたいのはもしこのワークショップが開催される場合、「参加してみたいなあ」と思われるかどうか、ということです。

開催の概要(現在想定しているプラン)
・9月に開催
・ワークショップは1日~2日
・内容は概念の説明から、実際にソフトウェアを使っての操作の説明(ハンズオン)
・参加費用は1日あたり7~12万円位(予定されている人数で決めたい)
・ラップトップなどで自分のライセンスを持ちこんでいただける方は割引

興味があるかどうか、という問いかけですので、「参加してみたいなあ」とご連絡をいただいても、実際の申し込みは「また改めて別途」ですので、どんどんご意見をいただきたいと思います。

返信先: marketing@hulinks.co.jp
メールタイトル: GWB ワークショップについて

会場のご提案や、その他のご希望などもどしどしお寄せ下さい。7月ぐらいまでには決定をしたいと思います。「うちは3名参加させたい」というお返事も大歓迎です。

The Geochemist's Workbench 製品ページ

http://www.hulinks.co.jp/software/gwb/index.html