* 本記事はコマンドに関する記載が多くなっています。あらかじめご了承ください。

以前、IGOR Proショートカットをご紹介しました。この時はメニューに Ctrl+* (Mac なら Cmd+*)と表示されるもの限定でしたが、今回は、データメニューData Browser のように Ctrl+* (Cmd+*) と書かれていないコマンドのショートカットの作成方法です。

▼ Data Browser とは?

IGOR Pro はデータ(=ウェーブ)の実体を、テーブルではなくメモリ上に階層構造を伴って保持します。Data Browser はこのデータを確認するために欠くことのできないツールです。Data Browser はデータメニューにショートカットが配置されています。

1.png

Data Browser は、データ(=ウェーブ)だけでなく、数値変数(Variable)や文字列変数(String)の確認もできますし、実数ウェーブのプレビュープロット(2D/3D)や、ウェーブの各種情報(Info)も表示できます。また、別のエクスペリメントファイルに保存されているウェーブの閲覧、コピーなども可能です(この操作詳細はこちらのページをご参照ください)。

そんな便利で、心強いツールですが、メニューを見るとわかるように Ctrl+* (Cmd+*)というショートカットが設定されていません。何とかしたいものです。

2-1.png

▼ ショートカットの作成

まず、ユーザ定義関数のショートカット指定方法を説明します。ここで利用するのは Menu キーワードです。Menu キーワードは、独自のコマンドを、任意のメニューに追加するキーワードです。

次の例では、Test というコマンドを Macros メニューに追加しています。

Menu "Macros"
	"Test/1"			// Ctrl+1 (Windows), Cmd+1 (Macintosh)
End

関数名/1 がポイントで、Ctrl(Cmd)キー+数字の1という操作で、Test という関数を利用することが可能です。数字の(0~9)だけでなく、アルファベット(A~Z)も利用することができます。

さらに、Shift キーやAlt(Option)キーとの組み合わせは、

Menu "Macros"
	"Test/1"			// Ctrl+1, Cmd+1
	"Test/S1"			// Shift+Ctrl+1, Shift+Cmd+1.
	"Test/O1"			// Alt+Ctrl+1, Option+Cmd+1
	"Test/OS1"			// Alt+Shift+Ctrl+1, Option+Shift+Cmd+1
End

こんな感じで、/S/O の組み合わせで実現できます。

▼ DoIgorMenu

次の問題は、ユーザ定義関数ではなく、既存の組み込みのメニューコマンドを呼び出す方法です。最初に思いつくのは、DoIgorMenu 操作関数。これは、IGOR Pro のメニューのコマンドを実行するための操作関数です。しかし、すべてのメニューコマンドがこの操作関数から利用できるわけではありません。

たとえば、データメニューウェーブを作成 を実行するには、

DoIgorMenu "Data", "Make Waves"

ウィンドウメニュー新規グラフ を実行するには、

DoIgorMenu "Windows", "New Graph"

と、英語名称でメニュー名とコマンド名を指定することで、実行することができます。しかし、解析メニューInterpolate や、その他メニューGraph Browser

DoIgorMenu "Analysis", "Interpolate"

とやっても、

3-1.png

とエラーになってしまいますし、

DoIgorMenu "Misc", "Graph Browser"

とやっても、

4-1.png

とエラーになってしまいます。そう、ご察しの通り、Data Browser も同じエラーになってしまいます。おそらく、IGOR Pro のアプリケーションファイル内部のコマンドは DoIgorMenu コマンドから呼べるんだと思いますが、XOP やプロシージャで提供されているコマンドは NG なんだろうと想像されます(確証がなくて済みません)。必携ツールの Data Browser も XOP ですから呼び出せない。。

▼ CreateBrowser

しかし、話はうまくできていて、CreateBrowser という救世主がいます。このコマンドは、ずばり、Data Browser を表示するコマンドです。

CreateBrowser

あとは、先ほどの Menu キーワードと併せて利用すればOK。例えば、

Menu "Data"
 "Show DataBrowser/3",/Q, CreateBrowser
End

と、プロシージャウィンドウに書いておくと、いつでも Ctrl+3(Cmd+3)で Data Browser を表示させることができます。

5-1.png

▼ まとめ

回り道しましたが、めでたく Ctrl+3(Cmd+3)で DataBrowser を表示できるようになりました。できることなら、標準機能としてショートカットが用意されて欲しいものですね。

--
井上@技術部でした。

※この記事の内容は執筆者の個人的見解で、ヒューリンクスによる公式情報ではありません。[免責事項]

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://blog.hulinks.co.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/487
内容に対しての関連性がみられないものは削除する場合があります

コメントの投稿

Emailアドレスは表示されません。は必須項目です。
ヒューリンクス取り扱い製品の内容や購入に関するお問い合わせはヒューリンクスサイト連絡先へお願いいたします。投稿前にその他の注意事項もご覧ください。

HULINKS サイトの新着情報