久しぶりのエントリになってしまいました。

久しぶりということで今回は FlexPro の基本的な使用方法のうち、お問い合わせをよくいただく複数のデータセットを同時に処理する方法をご紹介したいと思います。

複数のデータセットに対しフーリエ変換を行うなどといった処理は非常に簡単です。

下のムービーをご覧いただければ一目瞭然ですが、オブジェクトリストで解析対象のデータセットを Ctrl または Shift キーを押しながら選択し、新規 メニューからたとえば スペクトル解析 -> フーリエスペクトル を選択するだけです。

FPScript を使用して作成した公式を複数のデータセットに適用するにはスクリプトを少し書き換える必要があります。

たとえば下記のような Ultrasound Signal にハイパスフィルタをかけてその結果をフーリエ変換する公式があるとします。

Dim param = IIRFilter(FILTER_BUTTERWORTH, FILTER_HIGHPASS, 2, 0.1000000000000000, 0.1000000000000000, 0.1000000000000000, FILTER_DELTA, FILTER_COEFFICIENTS)
Dim Fil = Filter('Ultrasound Signal', param)
FourierSpectrum(Fil, SPECTRUM_DBNORM, WIN_HAMMING+ WIN_NORMALIZEAMPLITUDE, 3.000000000000000, 0)

複数のデータセットに対してこの処理を実行できるようにするには下記のようにスクリプトを書き換えます。

Arguments mySig
Dim param = IIRFilter(FILTER_BUTTERWORTH, FILTER_HIGHPASS, 2, 0.1000000000000000, 0.1000000000000000, 0.1000000000000000, FILTER_DELTA, FILTER_COEFFICIENTS)
Dim Fil = Filter(mySig, param)
FourierSpectrum(Fil, SPECTRUM_DBNORM, WIN_HAMMING+ WIN_NORMALIZEAMPLITUDE, 3.000000000000000, 0)

Arguments を使用してローカル変数を宣言し、解析対象のデータセットの名前の部分、ここでは 'Ultrasound Signal' を宣言したローカル変数 mySig に書き換えます。

これで準備は完了です。あとはオブジェクトリストで解析対象のデータセットを Ctrl あるいは Shift キーを押しながら選択し、先ほど編集した公式オブジェクト上にドラッグアンドドロップするだけで一度に処理が行われます。

※この記事の内容は執筆者の個人的見解で、ヒューリンクスによる公式情報ではありません。[免責事項]

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://blog.hulinks.co.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/482
内容に対しての関連性がみられないものは削除する場合があります

コメントの投稿

Emailアドレスは表示されません。は必須項目です。
ヒューリンクス取り扱い製品の内容や購入に関するお問い合わせはヒューリンクスサイト連絡先へお願いいたします。投稿前にその他の注意事項もご覧ください。

HULINKS サイトの新着情報