先日の記事では、

つまり、「軸を利用するとき/追加するときには、トレースも追加しなくてはいけない」ということです。もう一歩踏み込んで、「トレースを追加するときしか、自由軸は追加できない」と言ってしまっても間違いではないはずです。

と、力を込めて説明しましたが、実はコマンドを使うと、任意のタイミングで「軸を追加」することができます。前回の記事でがっかりされた方がいらっしゃったらごめんなさい。今回ご紹介するのは、「コマンドで軸を追加」する方法です。

▼ NewFreeAxis

今回は前置き無しで本題に。グラフ作成時以外のタイミングで、グラフに軸を追加するための操作関数は、ずばり、 NewFreeAxis です。

NewFreeAxis [/L/R/B/T/O/W=winName ] axisName

フラグ、/L/R/B/T は軸の位置、Left、Right、Bottom、Top をそれぞれ意味しており、既定値は /L(左軸)です。/O は上書き、/W=winName は対象のグラフウィンドウの指定です。もちろん、axisName は追加する軸の名称です。

例えば、次の3行のコマンドを実行してみてください。

Make jack=x
Display jack
NewFreeAxis fred

何の変哲もないグラフに、新しい縦軸が追加されています。

1.png


▼ 軸の範囲

めでたく、軸が追加されたわけですが、範囲がおかしなことになっています。軸の中央の 0 とだけ表示されています。プロットした jack というウェーブとの範囲とリンクしていません。それもそのはず、この新しい軸(自由軸)は、ウェーブとリンクしていない、本当の意味で Free な軸だからです。

その証拠に、この fred という軸について、軸を修正ダイアログ>軸範囲のタブ を開くと、手動範囲設定の最大/最小の値がともに「0」 となっていて、自動スケール設定を操作してみても、エラーにこそなりませんが、まったく有効でないことが分かります。

2.png

せかっく追加した軸がどのウェーブにもリンクしていないのは、いろいろと不便です。軸範囲について疑似的に連動させるには、簡易設定でプロットされているウェーブを選択し、その下の「Y最小/最大」、あるいは「X最小/最大」のボタンが利用できます。この例では、jack を選択し、「Y最小/最大」ボタンをクリックすると、既存の Left 軸と同じスケーリングで表示されます。簡易設定は、手動設定のオプションのようなものなので、これを利用すると、自動スケール設定が利用できなく(グレー表示に)なります。

3.png

4.png

「疑似的に」と断ったのは、jack が変更されても軸範囲は追随しないからです。例えば、次のコマンドを実行します。

Make/O/N=200 jack=x

jack は当初128ポイントでしたが、200ポイントまで拡大しました。Left 軸はこの変更に追随しますが、手動設定となっている fred 軸は、変化していません。

5.png

なお、軸の範囲以外の、目盛りやラベルといった設定は、通常通り、軸を修正ダイアログから設定、変更可能です。


▼ 軸の削除

NewFreeAxis で追加した軸は、既定の軸とは異なり、削除することができます。

KillFreeAxis fred

6.png

軸範囲の設定はちょいと面倒ですが、それ以外は削除も含めて自由自在です。


▼ まとめ

自由軸を追加、削除する操作関数をご紹介しました。メニュー操作からでは利用できない IGOR Pro の隠された機能の一つです。自作のプロシージャなどで活用していただければと思います。

--
井上@技術部でした。


※この記事の内容は執筆者の個人的見解で、ヒューリンクスによる公式情報ではありません。[免責事項]

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://blog.hulinks.co.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/478
内容に対しての関連性がみられないものは削除する場合があります

コメントの投稿

Emailアドレスは表示されません。は必須項目です。
ヒューリンクス取り扱い製品の内容や購入に関するお問い合わせはヒューリンクスサイト連絡先へお願いいたします。投稿前にその他の注意事項もご覧ください。

HULINKS サイトの新着情報