さて冒頭から問題です。次の等高線(Fig.1)の x=0 での断面図は Fig.2 の a ~ d のどれでしょう?

ig_contour_01.png
Fig.1 等高線(Contour Demo.pxp より一部改変)
ig_contour_02.png
Fig.2 断面図(プロファイル)

お分かりですか?そう、正解は c です。a は x=-2、b は x=-1、d は x=1 での断面図(プロファイル)です。等高線プロットあるいはイメージプロットは非常に情報リッチなグラフです。このようにグラフの断面を見るだけで、いろんな情報が得られます。

ig_contour_03.png
Fig.3 正解は c

さてさて、等高線プロットは文字通り「同じ値の点を結んだプロット」ですが、今回は、IGOR Pro で任意の等高線のデータを抽出する方法を紹介しましょう。


▼ 等高線の抽出

IGOR Pro の等高線は、

  • Z 値のマトリックス
  • X、Y、Z列のマトリックス
  • X、Y、Zのウェーブ

という 3 つのデータ形式をサポートしていますが、これらのデータから描かれた等高線のデータ、つまり、結ばれた等値点のデータを、メニュー操作から得る方法は IGOR Pro に用意されてはいません。

しかし、今回紹介するパッケージ「Extract Contours As Waves」を使うと、任意の等高線のデータを取り出すことが可能です。

このパッケージをロードするには、ウィンドウメニュー>プロシージャウィンドウ を開き、冒頭に次の1行を追加してコンパイルします。

#include <Extract Contours As Waves>


ig_contour_04.png
Fig.4 プロシージャウィンドウ

コンパイルに成功すると、グラフメニューに

  • Extract One Contour Trace
  • Extract All Contour Traces

という2つのコマンドが追加されます。機能は文字通りで、1つ目は任意の等高線を抽出するコマンドで、2つ目はデータフォルダを作って、その中に全ての等高線を抽出するコマンドです。

いずれのコマンドにも Display Trace というドロップダウンリストがあり、抽出した等高線データをどのように出力するか設定できます。

ig_contour_05.png
Fig.5 Extract One Contour Trace ダイアログ

nowhere は、抽出された等高線データのウェーブが作成されるだけで、どこにも出力されません。in new graph / in new table はそれぞれ新規のグラフウィンドウ、テーブルウィンドウに表示されます。in new table 以降には、エクスペリメントに存在するグラフウィンドウの名称が表示され、その名称のグラフウィンドウに、トレースとして追加されます。


▼ 例えば z=1

冒頭の等高線は、IGOR Pro のサンプルエクスペリメント「Contour Demo.pxp」に含まれているグラフです。このグラフには11 本の等高線が引かれていますが、水色の等高線が z=1 の線です。この等高線を「Extract One Contour Trace」コマンドで抽出してみましょう。

ig_contour_06.png
Fig.6 z=1 を抽出してみる。


  1. 等高線を最前面に表示して、グラフメニュー>Extract One Contour Trace を選択します。
  2. Contour Trace のリストで 'RealisticData=1' を選択します。
  3. Display Trace のリストで in new Graph を選択して、続行ボタンをクリックします。

ig_contour_07.png
Fig.7 Extract One Contour Trace の設定


以上です。ちょっとグラフを調整すると、Fig.8 のようになり、z=1 のトレースが正しく抽出されていることがわかります。

ig_contour_08.png
Fig.8 z=1 を抽出したプロット


▼ まとめ

今回は、等高線を抽出するパッケージ「Extract Contours As Wave」を紹介しました。IGOR Pro の等高線はその等値データをオープンにしてくれませんが、このパッケージを使うと、任意の等高線のデータを取り出すことが可能です。ご活用ください。

なお、冒頭のイメージプロットから断面図(プロファイル)を得る方法も、近いうちにご紹介しようと思います。


井上@技術部でした。

※この記事の内容は執筆者の個人的見解で、ヒューリンクスによる公式情報ではありません。[免責事項]

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://blog.hulinks.co.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/430
内容に対しての関連性がみられないものは削除する場合があります

コメントの投稿

Emailアドレスは表示されません。は必須項目です。
ヒューリンクス取り扱い製品の内容や購入に関するお問い合わせはヒューリンクスサイト連絡先へお願いいたします。投稿前にその他の注意事項もご覧ください。

HULINKS サイトの新着情報